2013年03月28日

父と祖父からのメッセージ



写真は島根の親戚の庭の花。


私は先週、101日目にして、松江でやっと父の納骨ができました。


ホッとしたら、また少し呼吸が深くなれて…


納骨が伸び伸びになっていたのがストレスだったよう…


そんな12月に亡くなった父は今、あの世でどう思っているんだろう?


潜在意識に意識が落ちていってから、亡き父を感じていきます。


生前の父は、見えない世界とか氣、宗教といったものになると心を閉ざす人でした。


ところが亡くなる10日前に全く歩けなくなり不安な夜を向かえた時…


父は初めて、ヒーリングを受け入れてくれました。


父は3〜4時間、私の手を求めてきました。


近づく死に不安で押し潰されそうだった時期でした。


その後、私は出張で5日間会えませんでした。


戻ってからは、まず体を拭き、ヒーリングを…


これを繰り返しました。


3日目、1番、仕上がりが良かっように感じました。


翌朝、父は天に召されました。


天に召されたその理由がわかりました。


父の両親、私の祖父母は、私も最近知ったのですが…


私と同じように氣を通すこと=ヒーリングをしていました。


父はそんな両親の行為が嫌だったんですね。


毛嫌いしていた氣というものが、とても気持ち良く、


愛そのものだったとわかることができた時…

父は…だから死ねたというものでした。


父は親を心から許せ、私を受け入れたんですね。




祖父が潜在意識の中の私に、こういうメッセージを送ってくれました…


父が脳梗塞、ガンとなっていったのも、すべては、お前(私)と息子(父)のためだと…


私には、セルフヒーリングスタジオ TINGARAをやるため…


父には、見えない癒しがあること、見えない世界の領域を受け入れること。


父の人生は、そんな両親を許し受け入れること=見えない世界を受け入れること…でした。


それがもし父の今世のテーマだったなら…


確かに、亡くなる前夜のヒーリングは、父の表情がしっかりとなり、甦っているような表情になっていました。


私もなぜか納得のヒーリングでした。


すでに父は、足先しか動かすことはできない状態でした。

ヒーリングを終えると、足の指だけで感謝の意を現わしてくれていました。


父からの最後の意思表示。


頑固者の父が人生を賭けて、すべてを受け入れてくれました。


だから、やっと死ねたのです。


潜在意識の中で、私は号泣していました。


私達親子を見守り続けた祖父の存在。


反対しながらも、最後は私の仕事を受け入れ、祖父母の生き方を受け入れることができた父。


それを理解したら、自分への深い癒しに変わっていました。


ベストなヒーリングが、死を受け入れ、同じお墓に入りたい…と納得の感覚を得れた父。


そんな無言のメッセージを納骨後、受け取れた私は、父に感謝…祖父母に感謝でした。


誰が私にヒーリングをするように向かわせたのか?


すべては決まっていた…としか言いようがありませんでした。


血とかDNAなんでしょうか…


やはり、今後もそちらを大事なお仕事にしていくこと、これもメッセージに感じました。


だから強押しができないように、肋骨3ヶ所ひびなのかもしれません。


その日は深い愛を感じ、私は満たされていました。


翌日、大好きなグランマの庭のグループワークがTINGARAでありました。


さらに翌日、呼吸が完全に深くできるようになりました。


もう、肋骨がこれ以上、痛むことはなくなったと感じました。


病気になるメカニズム。


そこから、自分自身であること…に向かう。


それを追い求めていたら、肺の詰まりは消えました。


これは私の直系の3代の詰まりの謎が、紐解かれた後、不思議と詰まりは消えていきました。


すべてに感謝の一日でした。






゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

セルフヒーリングスタジオTINGARA

【定休日】不定休(グループワークの受付はこちらまで)

メニュー
アクセス
☆電話090−7419−2994
☆セッション中の代行電話受付
足つぼ&Bodyニライカナイ
045−681−2015
(22時まで受付中)
☆メールでご予約&お問い合せ(24h受付中)

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚  

Posted by aritome 千恵 at 08:18Comments(0)ヒーリング〜祖父からの継承